フォレストヒルニュース

株)フォレストヒルが運営するブログ

公演中止のお知らせ「マルシン・ディラギターリサイタル」

フォレストヒル音楽工房にて8月30日に公演を予定しておりました「マルシン・ディラギターリサイタル」は新型コロナウイルスの影響により中止させていただきます。

今回の演奏会は弊社主催のコンサートの時に常々使用しております「あいれふホール」を使用する事ができず、「九州キリスト教会館4階礼拝堂」での公演を予定しておりました。

しかしながらマルシン・ディラ氏の招聘元より8月末とは言え、まだまだ先行きが不透明な為、狭い会場での公演実施によるリスクを避けたい、との申し入れがあり、中止といたしました。

楽しみにお待ちいただいていた皆様にはお詫び申し上げます。


前回、2016年8月にフォレストヒル音楽工房主催で「あいれふホール」で行ったマルシン・ディラのさすが〈21世紀の巨匠!〉と評される素晴らしい演奏を覚えていらっしゃる方も多いと思います。

今回は中止となりましたが、マルシン・ディラ日本公演は来年に延期される予定ですので、その時に改めて弊社にて主催いたします。

詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

次回、皆さまのご来場をお待ちしております!

f:id:FORESTHILL:20200602041831j:image

本年度「第65回九州ギター音楽コンクール」開催中止のお知らせ

今年の九州ギター音楽協会主催「第65回九州ギター音楽コンクール」は中止となりました。


以下、九州ギター音楽協会ホームページより転載いたします。

 

 

2020年度「第65回 九州ギター音楽コンクール」の中止のお知らせ

 

皆様には、平素より当協会にご理解、ご支援を賜り心から厚く御礼申し上げます。

さて、新型コロナウィルス(COVID-19)は現在全世界で猛威を奮い、依然として収束の予測がの立たない状況です。

 

このような現状を鑑み、当協会では第65回九州ギター音楽コンクールの開催についてさまざまな観点から検討、協議を重ねて参りました。

 

この度、去る5月25日、開催予定の会場より通達があり、新型コロナウィルス感染拡大防止のための新たな制約により、事実上コンクールを開催することが極めて困難な状況となりました。

 

参加者の皆様、ご来場のお客様、会員の皆様、関係する全ての皆様の安全が最優先との結論に達し、2020年8月22日及び23日に開催予定だった全部門の中止を決定いたしました。

 

このことは当協会にとって苦渋の決断であり、ご参加、ご支援いただいている皆様方のお気持ちを察しますと、本当に心の痛む思いでございます。しかし、この重大な経験を克服した先にはギター音楽の輝かしい未来が必ず見えてくるものと確信しております。

 

なお中止となりました本コンクールは来年2021年8月に移行し開催する予定です。

課題曲につきましても、2020 年度の作品を来年度の課題曲といたします。

 

既に応募をいただいております参加者の皆様には後日、個別にご連絡をさせていただきます。

 

今後とも変わらぬご理解、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

九州ギター音楽協会 会長

山口 修


コンクール実行委員長

三良裕亮

 

お問い合わせ

info@kyusyuguitar.org

大塚勇馬さん、フォレストヒルミュージックアカデミー講師に就任❗️

フォレストヒルミュージックアカデミーでは6月より大塚勇馬さんをギター科講師としてお迎えします。

 

大塚勇馬さんは九州ギター界を担う若手として、その存在は早くから知られており、良くご存じの方もいらっしゃると思います。

11歳よりフォレストヒルミュージックアカデミーで学び、九州ギター音楽コンクール優勝の他、昨年は東京で行われたクラシカルギターコンクールにて第2位を受賞しました。また、演奏力のみならず、ソルフェージュ音楽理論に関しても高度な知識と実力を兼ね備えています。そしてそのお人柄についても常に優しく、穏やかで皆さんに愛される存在です。

尚、大塚勇馬さんは先日、九州ギター音楽協会理事会におきまして全会一致で同協会公認講師として承認されました。


今後はフォレストヒルミュージックアカデミー講師として活動すると共に、現在のギター音楽界においてしかるべき実力を持つ次世代の人材として活動を開始していきます。皆さまの応援をよろしくお願い申し上げます。


大塚勇馬先生のクラスにはすでに数名の方に入会のお申し込みをいただいています。

また、大塚クラスの無料体験レッスンを受け付けていますので、ご希望の方は当アカデミーまでご連絡ください。092-715-3827/info@foresthill-morioka.com

 

尚、フォレストヒルミュージックアカデミーでは「入会金無料キャンペーン」を12月末まで延長いたします。

 

 

以下、大塚勇馬さんのプロフィールです。

大塚勇馬(おおつか ゆうま)


1998年 福岡市生まれ。

ギターをフォレストヒルミュージックアカデミーにて竹内竜次、三良裕亮、上野芽実に、音楽理論ソルフェージュを夏川由紀乃に師事。2016年 第62回九州ギター音楽コンクール第1位

2017年 第28回JGAギター音楽祭にて演奏、好評を博す。

2017年「第25回コブレンツ国際ギターフェスティバル&アカデミー」にて佐々木忠、A.ラミレス、G.ビアンコに受講。

2019年「イタリア・ガルニャーノギター講習会 2019」にてO.ギリア、E.パパンドレウのレッスンを受講。

2019年「台湾国際ギターフェスティバル 2019」にてL.ブローウェル、E.フェルナンデス、J.A.エスコバルのレッスンを受講。

2019年 第50回クラシカルギター・コンクール(東京)第2位


これまでに荘村清志、福田進一、今村泰典、尾尻雅弘、益田正洋、大萩康司、朴葵姫、J.ペロワ、デュオ・メリス、P.マルケス、J.ジューヴ、D.ラッセル各氏のマスタークラスを受講。


2020年 西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻を卒業。

九州ギター音楽協会公認講師。福岡市在住。

 

f:id:FORESTHILL:20200527013225j:image

 

 

 

 

 

 

刊行しました❗️高橋和彦先生著「マンドリン考 2020」

先日ご案内しました高橋和彦先生著による副読本「マンドリン考 2020」をフォレストヒルエディションより本日刊行いたしました。

 

この書籍は高橋先生の長年にわたる演奏・教授活動から得た知見・見識に基づいた事柄を分かりやすく、親しみやすい筆致にて書き下ろした読み物としても楽しめる101項目にわたるエッセイ集です。

皆さまぜひお買い求めくださいませ!


書籍名/「マンドリン考 2020」

定価/¥1,800(税別)

出版元/フォレストヒルエディション

お問い合わせ/092-715-3822

into@foresthill-morioka.com

フォレストヒルwebショップでもお取り扱いいたします。

送料は弊社負担にてお送りいたします。

f:id:FORESTHILL:20200512132958j:image

CD「益田正洋/カルカッシ25のエチュード 作品60」について

フォレストヒルアカデミー特別講師で国内外で活躍している益田正洋先生が昨年12月にリリースしたアルバム「益田正洋/カルカッシ25のエチュード 作品60」(フォンテック)はお聴きいただいたでしょうか?

 

日本ギター界においてトップレベルの実力を持つ益田先生はコンスタントにCDをリリースしていますが、発表するアルバムは常に特定のテーマに基づいて真摯な取り組みがなされています。この「益田正洋/カルカッシ25のエチュード 作品60」においても益田先生は音楽の基礎的な要素が体系づけられた古典期のエチュードを取り上げて、単なるお手本的なものではなくカルカッシという優れた作曲家の音楽性をその卓越した演奏によって私たちに改めて認識させてくれる作品になっています。ぜひ多くのギター愛好家、学習者にお聴きいただきたいと思います。

 


以下、このCDについて益田先生よりフォレストヒルミュージックアカデミーに特別にコメントをいただきました。


『新型コロナウィルスの影響は音楽界にも大きな影響を及ぼし、コンサートの中止は言うまでもありませんが、レッスンまでインターネットを利用したオンラインに移行する方も急増し、私たちプロもこれまでのライフスタイルが大きく変わろうとしています。


そんな急激な変化とは関係なく、先人たち、とりわけ19世紀に活躍したギタリスト・作曲家達が残したものは変わらず私たちギター愛好者の宝物です。イタリア生まれのマテオ・カルカッシが残した25のエチュードもそのひとつです。


私がこのエチュードに接したのは小学生の時。でも本格的に取り組んだのは30歳になる前頃です。好きな曲ばかり練習してきた自分を基礎から見直す意味も込めて取り組みました。その手応えを40歳になった一昨年頃から感じ始め、2019年7月にカルカッシ:25のエチュードを全曲レコーディングを決断し、12月にリリースを見ました。


このエチュード集は決して簡単な曲集ではありません。また派手な楽曲も多くありません。そんな作品を世に問うことはプロとして非常に勇気がいることでしたが、今の自分の姿、そして失われつつあるクラシックギターの魅力を伝えるためにCDという形で残したいと思いました。


皆さんの練習のお供に、楽譜を見ながら、ご飯やお酒のお供に、どんな形でもお聴きいただけると嬉しいです。』(2020年5月3日 益田正洋)

 


またフォレストヒルミュージックアカデミー講師の上野芽実先生よりこのCDについて以下のようなコメントをいただきましたのでご紹介します。


『カルカッシのギター教則本エチュード集は、約2世紀の時を経ようとする現在もギターを学ぶ上で必須の課題であり、益田さんが収録された ”25のエチュード 作品60” は、形式、調性、和声、それに伴うギターの技巧、様々な基礎要素が見事に考え抜かれた極めて重要な作品です。

そのカルカッシの意図のど真ん中を的確を読み取られ、また音楽的に発展させていらっしゃる益田さんの演奏は、ギターを学ぶすべての方にとって、これから素晴らしい道標となる事と思います!

この意義深い収録作品が出版された事に、一ギター教師として感謝し、また尊敬いたします。

私自身も、作品60をもう一度見つめ直し、より良い教育を目指したいと思いを新たに掲げています。』(上野芽実)

 

フォレストヒル店頭、またフォレストヒルネットショップにて販売しています。

http://foresthill.shop-pro.jp/?pid=148736886


「益田正洋/カルカッシ 25のエチュード 作品60」(フォンテック FOCD9827)

定価¥2,500+TAX


ぜひ皆さま、お買い求めくださいませ!

f:id:FORESTHILL:20200506011835j:image

福田進一先生のニューアルバム「バロック・クロニクルズ」リリース❗️

この度、フォレストヒルミュージックアカデミー特別講師である福田進一先生のニューアルバム「バロック・クロニクルズ」が発売されました。

 

このアルバムは福田先生が発表した総リリース100枚目の作品です。

福田先生が10年の歳月をかけて録音したバッハ作品群に続くものとして「バロック・クロニクルズ(年代記)」というタイトル通り、フレスコバルディ、フローベルガー 、クープラン、リュリ、スカルラッティヘンデル、ラモー、ヴァイス 、グルックの作品など撥弦楽器、鍵盤、声楽、管弦楽のために書かれた名作を福田先生の絶妙な編曲を含めた卓越した技法によってギター一本で鮮やかに収録されています。

演奏の内容はもちろんのこと、ホセ ・ルビオ とホセ ・ルイス・ロマニリョスという2本の銘工を使用して、384kHz/24bitのハイサンプリングでワンポイント収録された臨場感溢れた美しい音質も素晴らしいです!

 

 

このアルバムについて福田先生よりフォレストヒルに特別にメッセージをいただきました。

 

『このCDを横浜みなとみらい小ホールで録音中に、プリンセスダイアモンド号が横浜港に入港後隔離という事件がありました。それがこのような大事態になろうとは、夢にも思わず…
と言うか、むしろこのアルバムには夢とロマンがいっぱい詰まっています。
ひとりでも多くの方にギターで奏でるバロック音楽を楽しんで頂きたく思います。
よろしくお願いします。』(福田進一)

 

フォレストヒル店頭、また弊社ネットショップにて販売しております。

http://foresthill.shop-pro.jp/?pid=150342503

皆さまぜひお買い求めください!

サインは次回の福田先生の来校時に!

 

マイスターミュージック

定価¥3,000+TAX

f:id:FORESTHILL:20200426023739j:image

 

 

 

 

 

太田耕平先生をフォレストヒルミュージックアカデミーの新しい講師としてお迎えします!

この度、フォレストヒルミュージックアカデミーでは「太田耕平」先生をアカデミーの新しい講師としてお迎えいたしました。

太田耕平先生の科目は「リュート科」,「音楽学」を担当していただきます。

尚、先日、九州ギター音楽協会理事会におきまして満場一致で同協会公認講師として推薦されたことが、九州ギター音楽協会会長 山口修先生より公表されました。

 


太田耕平先生は当フォレストヒルミュージックアカデミーにてクラシックギターを学んだあと渡欧し、イタリア、ドイツで15年間に亘り、リュート演奏及び古楽の分野で研鑽を積んで2016年に帰国しました。

現在は九州のみならず日本各地、またアジア圏においても活動しています。

また、自身のプロデュースにより積極的に行っているコンサートの企画・主催は、九州古楽界においての社会的な貢献として注目されています。

 


フォレストヒルミュージックアカデミーではリュート科のほか、通奏低音音楽史などを豊富な経験・見識によって指導していただきます。

 


また、当アカデミーではメゾ・ソプラノとして古楽から近現代まで多彩なレパートリーを持ち国内外で絶大なる人気を持つ「波多野睦美」さんと太田耕平先生のデュオコンサートの主催・公演を予定しています。

また詳細が決まりましたらお知らせいたします。

楽しみにお待ちください!

 


◾プロフィール


太田耕平(おおた こうへい)

 

15歳よりフォレストヒルミュージックアカデミーにて学んだのち、2001年イタリアへ渡りヴィチェンツァ国立音楽大学にてステファノ・グロンドーナ氏に師事。

2007年同大学ギター科を最高点首席にて卒業。その間、シエナ市アカデミア・キジアーナ音楽祭に参加、巨匠オスカー・ギリアのマスタークラスを受講、優秀生ディプロマを取得。

2007年ドイツ・フランクフルトに移住、西洋音楽の原点である古楽の追求を図るべく、フランクフルト国立音楽大学古楽専門学部にてリュートを今村泰典氏に、中世・ルネサンス音楽をミロ・マクバー氏に師事。在学時より、リュート奏者としてソロ、アンサンブル、オーケストラとの共演などの活動を始める。

2014年同大学リュート科を卒業。

2016年15年間のヨーロッパ生活にピリオドをうち、完全帰国。福岡を拠点にギター・リュート奏者として演奏活動やレッスン活動、音楽講座の主催、演奏会の企画など多岐にわたる活動を開始している。近年、台湾・中国・韓国などアジア圏を中心に活動の幅を広げる。

九州ギター音楽協会公認講師。

福岡市在住。

 

太田耕平先生

f:id:FORESTHILL:20200421015313j:image